小学校での『学校開放日』や『オープンスクール』とは?保護者の服装はどんなブランドがオススメ?

🏫 小学校での学校開放日やオープンスクールとは⁇

小学校において、『学校開放日』や『オープンスクール』と呼ばれる日の様子や保護者の服装等について、mamaing の知りうる情報をお伝えしていきますね。

スポンサーリンク




🏫 学校開放日とオープンスクールって違うの?

まず、『学校開放日』は『オープンスクール』という言葉を使ったりと呼び名も学校によって違う様子ですね。

ただ、『オープンスクール』については、受験前の受験生に向けた学校開放日の事を指す場合もありますので、以下は『学校開放日』としてご紹介していきます。

『学校開放日』の基本的な考え方は、親だけでなく地域の方々にも開かれた学校という考えの元に行われている行事を指します。

学校によっては、登校から下校の時間まで一日中開放されている場合もあれば、午後からなど時間指定がされている学校もあるそうです。いずれにしても、授業参観日よりは長い時間、学校を開放している日であることに間違いありません。また、我が家の娘ちゃんの学校では、1学期に1回、年間3回ある様子です。


🏫 親はいつどんな風に学校に行けば良い⁇

学習ノート


学校開放日に、学校を開放する時間や授業などのカリキュラムの内容について、交通手段と駐車場などについて詳しくは、学校よりお便りが配布されるはずです。

我が家の娘ちゃんの学校では、学校開放日の日には学校おすすめの授業が設定されています。
例えば、特別な出前授業が実施される事もありますし、理科が始まる3年生の時には、理科の授業のある日に実施されたりしています。学校開放日というとどの時間に行けば良いのか悩まれる親御さんもいらっしゃる様子ですが、大抵は、『学校で見て欲しい授業が設定されている日』になっていると思います。どうしても決められない場合は先輩ママに聞いてみるという事も良いですね。
また小学校であれば、授業の担当が担任以外の先生の時に参観することもオススメです。大抵、授業参観は担任の先生が担当なので、ちょっと普段と違う授業風景が見れるかもしれませんよ。

mamaing 家では、ばあばや、ひいばあちゃんも一緒に参観する事もあります。学校開放日は、地域にも開かれているので、ひいばあちゃんも見にきやすい様子ですね。また、来年入学するお子さんも心の準備のために訪問してみるのも良いですね。詳しくは、各学校のホームページにてご確認ください。


🏫 保護者の服装について。





保護者の服装については、学校によってそれぞれの『標準ルール』があるのではないかと思います。
mamaingの近隣小学校では、『スーツはややかしこまりすぎ、ちょっと力を抜いた清潔感のある服装』が『標準ルール』の様子です。
授業参観の際の親の服装について厳しい意見もある様子ですね。個人的には、親御さんを探して何度も振り返る子供たちを見ると、一刻も早く来て欲しいという子供の気持ちを第一に考え、親として恥ずかしくない服装であれば、良いのではないかと思います。ちなみに、我が家の娘ちゃんの学校では、授業参観日よりも学校開放日の方が先生方もリラックスした服装(スーツではない、清潔感のあるスマートカジュアル)です。


🏫 学校開放日は参観する人はどれくらいくるの??

これも学校によるとは思いますが、mamaing家の近隣の学校では、小学校中学年ですと、1時間の授業に3名前後くらいです。少ないですね。低学年では、5名前後だったと思います。おすすめ授業では10名以上来ている様子も見受けられますが、学年で取り組む授業でしたので、クラスだと5名前後ではないかと思います。いずれにしても、開放時間が長いと1時間に来校する参観者は少ないと思います。その分、保護者の服装も注目を浴びやすいので、親としても少し緊張するかもしれませんね。ちなみに中学校では、全学年で一人も来ないこともある様子です。


🏫 学校開放日のまとめ。

『学校開放日』とは、授業参観日よりも長い時間、保護者だけでなく地域の方にも学校が開放されている日の事です。服装は、授業参観日よりもややカジュアルで清潔感のある服装でOK。学校開放日には、おすすめの参観時間がある。服装やおすすめ授業がわからなければ、先輩ママにアドバイスを貰っても良いですね。

スポンサーリンク



🏫 mamaingは、こんな記事も書いています。

小学校入学後の子供たちに親が出来ること 🍀 小学校入学後の生活


給食の時間の不安との付き合い方。親子で食事の時間を考えてみよう!


小学生の学年にあった学習ノートはどれが良い?? *学習ノートの選び方


小学生の水筒はどんなサイズやデザインがいい??小学校入学準備リスト



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク