担任の先生との連絡の取り方。~連絡帳をちょっと一工夫~

📓 担任の先生との連絡の取り方。

ランドセル


本日は、担任の先生との連絡の取り方についてお伝えしていきます。
小学校に入ると、幼稚園や保育園に比べ、担任などの先生方との交流の機会はグッと減ってしまいますね。
家庭訪問の時期は、まだ先生方も手探りな4月に行われますし、親御さんも何を質問したら良いかわからないまま終わってしまう人がほとんどではないでしょうか?


📓 担任の先生に伝えたい事が。どうしたらよい?
学習ノート


一番有効に使えるのは、連絡帳だと思います。
連絡帳は先生方も毎日チェックしていますので、一番簡単で有効な方法です。
ただし、その時に親御さんのメッセージがきちんと届くための一工夫をしてください。


📓 先生が見逃さない連絡帳の書き方って??

学習ノート


先生はお忙しい事もあり、せっかく親御さんがメッセージを書いても気付かない事もあります。
ですので、ちょっとした一工夫が大事なのです。

① 子供に親御さんがメッセージを連絡帳に書いた事を伝えてもらう。
② メッセージは目立つ赤色などで書く。
③ メッセージを書いた部分に目立つ付箋紙を貼っておく。

これだけすれば、大抵の先生はメッセージを読んで下さるはずです。


📓 そのほかの連絡方法は??

ベネッセ


学校の授業終了後であれば、学校に電話して先生とお話しすることが出来るでしょう。
ただし、問い合わせ内容によっては、先生方もすぐにお答え出来ない事もあります。
そのためにも、事前に連絡帳でやり取りすることでスムーズで効率的なコミュニケーションが取れるでしょう。
例えば、
『先生に〇〇について、ご相談したい事があります。先生のご都合のよい時間にお電話いただけないでしょうか?』
といったやり取りをしておくことで、先生自身が親御さんの相談にのるための準備をすること出来ます。


📓 まとめ。

4月


小学校に入り、子供たちの環境が今まで以上に見えにくくなり、心配に感じる親御さんもいらっしゃることでしょう。
そんな時でも、担任の先生とのちょっとしたやり取りで安心することもあると思います。
逆に不誠実な対応で疑問に感じる事もあるかもしれません。
しかしながら、世の中には色々な人が色々な考え持って生きていることは事実です。
もし、先生とうまくコミュニケーションが取れないようでしたら、子供たちの様子に一層気を配る必要があるかもしれません。
そのような状況にならないことを祈りますが、どんな時も親御さんが賢く適切に振る舞う事で子供たちの助けになることをお忘れにならなようにお伝えします。


📓 学習ノートを2冊以上買うなら、文具の文喜堂さんがオススメです。



文具の専門店・文喜堂さんでは、学習ノートを合計300円(税別)以上購入でメール便送料無料です。また、土日祝日でも発送しているそうですよ。
近所の文房具チェーン店にて見たことのないノートがたくさんあり、mamaingもワクワクしてしまいました!


⏩ 文具の専門店文喜堂さんのHPはこちらです。

⏩ Amazonの学習ノートのまとめページはこちらです。

⏩ 娘ちゃんは、幼稚園年長からずっと進研ゼミで家庭学習しています。お子さまの教科書に合わせた教材で、わかりやすく理解できるようにサポート【進研ゼミ小学講座】



📓 こんな記事も読んでいきませんか??

入学に向けて子供たちの心の変化はどうなる? 親の対応はどうしたらいい?? *小学校入学準備リスト


小学校入学後の子供たちに親が出来ること 🍀 小学校入学後の生活


給食の時間の不安との付き合い方。親子で食事の時間を考えてみよう!


小学生の学年にあった学習ノートはどれが良い?? *学習ノートの選び方

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449647381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック