学習机の新提案 ⭐️ リビングに馴染むロングデスクのススメ。

🏫 リビング学習のススメ。





我が家の娘ちゃん小学校3年生は、リビングの一角にロングデスク置いて 学習机にしています。

リビングの一部を子どもスペースにする事にしたのは、はじめは 正直なんとなくでした。

娘ちゃんが小学生になる時に、子ども自身が個室を希望しなかった事勉強する際に 大人も協力しなければならない場面が多かった事もあります。
リビング学習であれば、家事をしながら 子どもの要求に応える事もできます。


現在では、小学3年生になったので だいぶ 大人が関わる宿題などは減りましたが、子ども自身も誰かがいると感じられる 場所にいるという事に安心がある様子です。

一方で 一人になりたい場面もありますから、そういった場所も確保してある事は確かです。


🏫 ロングデスクのススメ。

さて 今回ご紹介する子供家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」さんオリジナルのロングデスクの特徴は、

子どもが二人並んで使用する事も可能である事や、
シンプルで長い間 飽きのこないデザインである事、
安心の日本製である事や、
低ホルムアルデヒドなど素材にも気を配っている事が挙げられます。





この、シンプルなデザイン性のため、幅広い年代の方が利用可能です。


例えば、子どもが学習する時は 学習机だけれど、子どもがいない時間帯は ママが家事をしたり、私はネイルしたりこのブログを書いたり(笑)しています。

我が家は、机の下に引き出しをつけていますが、そういったものもなければ、子どもと大人や子ども二人が並んで利用する事も可能ですね。

そして シンプルなデザイン性なら、リビングなど大人との共用の場でも浮くことがなく 馴染む事ができますね。




また、こちらの子供家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」さんオリジナル商品は、特殊加工のシートのおかげで油性ペンなどの落書きやシールも簡単に落とせるそうですよ⭐️

これは、嬉しい限りですね⭐️


ママの意見を取り入れた子供家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」さんのCurio(キュリオ)シリーズは、 ランドセルラックや絵本ラックなどもありますから、シリーズで揃える事で 統一感とそれぞれの家庭事情にも合わせる事が可能ですね。

ロングデスクランドセルラックをプラスすれば、教科書の収納も可能ですから、従来の学習机と同じ機能を果たす事ができますね⭐️


ランドセルラックの記事も読んでみる。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
我が家の娘ちゃんは、小学校入学準備のひとつとして、こどもちゃれんじを選びました。小学校3年生の今も継続中です。
気分にムラのある うちの娘ちゃんが、家庭学習を定着させるまで。



そして、幼稚園年中の息子くんは、幼児向け家庭学習教材☆ポピー受講中です。



📘 mamaingは、小学生の生活を応援しています 📗

レッスンバッグ&座布団を準備するときの注意点*小学校入学準備リスト
小学生の水筒はどんなサイズやデザインがいい??小学校入学準備リスト
小学校入学準備リスト*筆箱編


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445551062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック